読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユニットテストをやるかやらないか

UnitTest

ユニットテストをやるべきかやらざるべきか。

大体の場合、やっておいたほうがいいとは思うんですが、

絶対やっておいたほうが得かって言われるとそうでもない気がします。

たまに、「TDD必須」とか、「ユニットテストは意味ない(理由はよく分からん)」

とか極端なことを言う人がいますが、そういうかたがたはすべからく、思考停止状態に陥っているので、そういう人とは特に議論をする必要はないでしょう。

 

TDDをやるかどうかは置いておいて、やっぱりユニットテストをやるとコストがかなりかかります。

工数が1.5倍~2.0倍くらいには膨れる気がします。

DBスキーマが変るたびにDBUnitのテストデータを修正するのはなかなか骨が折れます。なかなか精神的にくるものがあります。

 

もちろんその分のメリットもあります。

ある程度のカバレッジが維持されていれば、ロジックの修正ミスもすぐに検出できますし、リファクタリングをする際には、精神的な支えになります。

逆に、全てのコードは使い捨てだし、リファクタなんて絶対しないぜ! という場合には、あんまりメリットないような気がします。

 

まぁ、結局は費用対効果を見積もって、割に合うならやればいいし、合わないならやらないほうがいいわけです。

という何とも当たり前な結論に脳内で落ち着きました。