読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BDD的な視点からユニットテストの書き方を考えてみる

ユニットテストを修正していると、

  • テストが通らないけど、なんで通らないか分からない
  • どこまでが事前準備の部分かわからない
  • 挙句の果てには、テストを通るようにしてみたけど、今回の修正でいらなくなったテストケースだった

などなど、色々とめんどうな状況に遭遇します。

自分もよく可読性の低いテストケースを書いてしまうので偉そうなことはいえないのですが、なにを目的としているのか分からないテストケースはメンテナンスするのが非常に大変です。

 

で、これの対策というか何というかですが、

BDD的な視点からテストケースを書いてみると、もうちょっとましになるような気がします。

どんなシナリオを想定しているのかってことを、コードをぱっと見て分かるようになっていれば大分ましでしょう。

BDDだとその辺りを明示的に記述しなければいけないわけですが、

ただ単純にユニットテストを行う場合でも、そこんところを明確に出来れば大分違うのではと思ったりしてます。