読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Specification By Exampleの読書中(2)

前回の続きです。

 

では、SBEのプロセスってどんなものかということですが、

これが2章に書いてあります。

おおまかには

http://en.wikipedia.org/wiki/Specification_by_example#Key_practices

に書いてあるとおりです。

つまり大雑把に和訳してみると、

 

ビジネスゴールからスコープを導出

みんなで仕様決め

例を挙げて仕様を説明

仕様を洗練

例に基づいてテストを自動化する

テストを使用してソフトウェアを頻繁に検証

将来の開発を支援するためのSBEのドキュメントシステムを進化させる

 

という流れでしょうか。

仕様決めにいたるまでの流れは、従来の手法とあまり違いはないですが、

仕様を「例」を用いて記述するところが、大きな特徴となります。

「例」をもちいて仕様を記述することにより、「実行可能な仕様」を作成することが可能となります。

その「実行可能な仕様」によりソフトウェアが、仕様どおりの振る舞いをしているかどうかを検証可能にすることが、

SBEのメリットのようですね。